FC2ブログ
 

〜葛葉の気ままな生活日誌〜

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

一人になったときのことを考える


今月初めに相方君と喧嘩してから、相方君には不平不満は極力言わず、グッと我慢するようにしました。


相方君は基本的には優しい性格なので、私に理不尽なことを言ったり、無神経なことを言わないのが救いです。

しかし、人間って欲深いんだなぁ〜と思うのが、世の中DVをする夫だっている中、相方君は優しいだけでも十分なのに「もっとこうしてほしいなぁ」とか「もうちょっと気が利かないかなぁ」なんて思っちゃうんですね。








以前なら「もっと○○してほしい」って思ったら、口に出していましたが・・・

今は「そういう相手を選んだ私が悪い」と、罪のない相方君には非常に申し訳ないのですが、そう思ってグッと我慢しています。










前回の喧嘩のきっかけは、糖尿病で禁煙したのに、隠れてタバコを吸っていたこと。

そのことで改めて、最悪、相方君がいなくなった(亡くなった)場合の今後について考えるようになりました。








まず、義両親と同居したままでは居づらいので、福岡に帰るか、埼玉の別の場所にお引越しになると思います。


そして娘を1人抱えているので、養っていくために経済的な基盤を作ること。





これが一番難しいかなぁって思いました。

実家には母と兄がいますが、母は国民年金なので後4年は年金なし、4年後年金受給年齢になっても少ない額。
経済面では頼れません。

兄は自営で頑張っていますが、兄に寄生するのは気が引ける。

義両親は経済的には私の親よりは余裕があるでしょうが、さすがに援助は申し出しずらい。







もとより他力本願は嫌いなので、自分で私と娘が行きていけるように稼がないと!



再就職ができるように、やっぱり資格は持っていた方が有利!

幸い、今の仕事内容に経理があるので、簿記の資格を取って実務経験を詰んでおくのが良さそうです。









後は保険に入ったり、貯蓄して置かないといけないですね。

保険は相方君が糖尿病と診断される直前に入った最低限の保障の保険がありますが、相方君はもう糖尿病なので保障の厚い保険は期待できないですね。

娘はとりあえず学資保険ですね。



相方君がいなくなった場合のことを考えると、シングルマザーやシングルファーザーで頑張っている人を尊敬します。

とりあえずは自立するのに一番の難関、経済的な自立ができるように、少々お休みになっている簿記の勉強をほそぼぞとやっていきたいと思います。


にほんブログ村 ダイエットブログ 産後ダイエットへ
にほんブログ村


二世帯同居 ブログランキングへ

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。